• 大祭期間中の神事・振舞いをご紹介

    大祭期間中の主な神事・振舞いのご案内です。

    ※添付の写真をクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

    大祭期間中の神事・振舞い

    2017年4月11日
  • 神社新報に当社「飛騨の大祭」が掲載されま・・・

    神社新報(平成29年2月6日版)、今年の遷座祭・式年祭と御造宮コーナーに、当社「飛騨の大祭」が掲載されました。

    「飛騨の大祭」は、主催する神社が飛騨国中の神社を招聘し、天下泰平・五穀豊穣などを祈願する飛騨地方独自の行事です。起源は安永2(1773)年の大原騒動で荒廃した飛騨一宮水無神社の社殿の大造営を終え、安永8年に飛騨国中の神社を当社に招いたことが発祥とされ、以来、今日に至るまで飛騨地方の各社で行われてきました。当社では昭和35年以来、実に57年ぶりとなります。

     

    神社新報抜粋

    2017年2月13日
  • 「飛騨の大祭展」開催のお知らせ

    飛騨の大祭に先立ち、飛騨高山まちの博物館で「飛騨の大祭展」を開催します。
    会場では、前回大祭の映像放映や写真展示のほか、神社所有の宝物(一部)が展示されますのでぜひご来場ください。

     

    ※開催日程
    期間:平成29年3月1日(水)~4月16日(日)期間中休館日なし
    時間:午前9時~午後7時
    場所:飛騨高山まちの博物館(岐阜県高山市上一之町75番地)
    ※入場無料、事前申し込み不要

     

    hidaoomatsuri

    2017年2月13日
  • 飛騨の大祭-大祭高札除幕式ー

    s-IMGP4930

    さる平成二十六年十一月二十三(日)に斎行いたしました新嘗祭の後、境内入口の脇にて『大祭高札除幕式』を執り行いました。高札は大祭斎行を広く周知するための象徴的なものです。

     

    この大祭とは飛騨地方において「飛騨の大祭(たいさい)」または「飛騨の大まつり」と呼ばれる神事で、主催する神社が飛騨国中の神々を招請して天下泰平・五穀豊穣を祈念する大祭です。

     

    その起源は大原騒動(江戸時代に飛騨国で発生した大規模な一揆)で荒破した社殿の大造営を行った当社が、安永八年(一七七九)の竣工遷座奉祝祭で飛騨国中の代表神社を招請して斎行した三日間に及ぶ大まつりであると云われ、大原騒動で疲弊した人々の心機を奮い起こした様子から〝世相の凶(あ)しきを吉に返す世直しの大まつり〟として、飛騨各地の神社において不景気の時や異変の後に斎行されてきました。近年では平成二十三年に櫻山八幡宮(高山市)で特に『鎮火・震災復興』を祈念した大祭が、本年五月には

    大津神社(飛騨市)で大祭が斎行されたばかりです。

     

     

     さて、当社においては五十七年振りとなる『飛騨の大祭』を平成二十九年五月三日(水)から六日(土)までの四日間にわたり斎行いたします。いまだ道半ばである東日本大震災の復興はもとより各地の鎮災、景気の回復など、飛騨地方のみならず多くの方々と共に世の中が前向きで希望に満ち溢れたものとなるべく祈念し、飛騨国一之宮の格式をもって厳粛かつ盛大に『飛騨の大祭』を斎行いたしたく存じます。

    2014年12月16日
  • 大祭のご案内

    平成29年5月3日(水)より6日(土)の4日間は、飛驒一宮水無神社(みなしじんじゃ)で「大祭」を開催します。平成29年実に57年振りに斎行 する運びとなりました。世相の凶しきを吉に返す世直しの大まつりとして、飛騨各地の神社において不景気の時や異変の後に行われるお祭りです。

     

    飛驒一宮水無神社式年大祭
    期日 平成29年5月3日 水曜日 より
            5月6日 土曜日 まで
                   の4日間
    式年大祭

    2014年11月4日

2017.04.11
→ 大祭期間中の神事・振舞いをご紹介
2017.02.13
→ 神社新報に当社「飛騨の大祭」が掲載されました。
2017.02.13
→ 「飛騨の大祭展」開催のお知らせ
2014.12.16
→ 飛騨の大祭-大祭高札除幕式ー
2014.11.04
→ 大祭のご案内
PAGE TOP